Toppage トップページConcept コンセプトSelectingMethod 結婚指輪の選び方Ranking ランキングBrand ブランド紹介AfterService アフターサービスShopInformation 店舗情報Blog ブログ

イタリア人プロデューサーによる洗練されたデザインに秘められたストーリー。世界でたったひとつだけの運命のリング、ANELLI DI GINZA(アネリ ディ ギンザ)では、熟練の職人が全てを一から心を込めてお作りします。

  • 結婚指輪
  • 婚約指輪
  • セットリング
  • エタニティリング

プライバシーポリシー

個人情報取り扱い基本方針

ANELLI DI GINZA(アネリ ディ ギンザ)を運営する株式会社アベジュエリー(以下、弊社)は、
日本国法律の定めたる法定水準に達する個人情報を取り扱う企業として以下の指針を明示し、
お客様個人情報の取り扱いに対し誠実であることに努めます。

  1. 弊社業務及び、プライバシーポリシー内のみでお客様個人情報を取り扱います。
  2. お客様個人情報の守秘及び、不正アクセスの予防を行います。
  3. 従業員、取引業者に至るまでを情報保護の範疇とします。
  4. 本指針を従業員全てに浸透させるよう努めます。
  5. 情報取り扱い機器・機関を整備し、継続的な情報保護の確保、改善に努めます。

プライバシーポリシー

弊社は以下のプライバシーポリシーによって個人情報取り扱いに細心の注意を払い、
お客様の大切な個人情報の保護に努めると共に責任所在の明確化を図り、厳格な個人情報管理を行います。

■個人情報取得方法について
ご来店予約、お問い合せメール取得時、その他弊社業務内でお客様より自発的に寄せられた情報のみを取り扱い致します。 個人情報売買などによる情報取得は行いません。
■取得情報の利用範囲と開示について
お客様の個人情報の利用範囲はあくまで弊社事業に付随する業務内に留め、 弊社と提携する企業及び事業所がお客様の個人情報を取り扱う必要性がある場合には、 弊社プライバシーポリシーを適用し、お客様の個人情報の保護に努めます。
弊社事業に付随する業務とは、商品の流通、調査、開発、告知、販売促進であり、 弊社事業に付随する業務以外でお客様の個人情報を利用すること、 弊社業務に関係しない第三者にお客様の個人情報を提供することはありません。 但し、公共利益、紛争解決及び犯罪捜査等の過程により適正機関、適正方法により開示を求められた際には 必要最小限の個人情報を開示する場合があります。お客様ご本人からの情報開示請求にはご本人確認手続きを経て適正に対応致します。
■情報保持及び管理について
お客様の個人情報を適正な状態に更新及び保持し、悪意ある不正アクセスから守るためのセキュリティ機構を持った機器を利用し、 個人情報流失を防ぐことに努めます。又、保持及び管理において、社内管理者及び社内閲覧者は必要最小限を選任し、 適正な情報保護知識を習得している者、及びお客様の担当店舗管理者以外がお客様の個人情報を取得可能な状態を発生させない努力を致します。
■個人情報の訂正及び破棄について
お客様から情報の訂正及び破棄を求められた際には、ご本人確認の手続きを経て、求められた内容について迅速かつ適正に訂正及び破棄を行います。
■個人情報に関するお問い合わせについて
  1. 情報訂正、破棄においてはお客様窓口にお申し付けください。
    ご本人様以外の訂正、破棄を避ける為、ご本人確認をさせて頂くこととなります。
  2. 情報開示請求は、ご本人様による請求若しくは法定代理人による請求とさせて頂きます。
    ご本人様の場合には事前にご連絡を頂き、写真入身分証明書をご持参の上でご来店頂くこととなります。
    但しイベント、キャンペーン等の弊社管轄で管理されている情報については 弊社情報管理責任者にて対応させて頂くこととなります。
  3. 情報開示、情報取り扱いに関するお問い合わせ全般については、下記にて承ります。

お客様窓口

電話番号 03-6226-0520
受付時間 平日/12:00〜20:00、土日祝/11:30〜19:30
■原則事項
  1. お客様から頂いた情報を正確なものとして弊社は扱いますが、 その際、既知の錯誤がある場合にはお客様の同意を得ず訂正させて頂く場合があります。 又、情報を適正な内容に保つためにお客様に情報の確認をさせて頂く場合があります。
  2. お客様が故意に誤った内容、もしくは錯誤を誘発する内容で個人情報を登録され、 通常の弊社サービスを受けることが出来なかった場合には、弊社は責任を負いかねます。 弊社が不利益を被った際、被る恐れのある際には一部サービス、又は全てのサービスを停止させて頂く場合があります。 実際に不利益を被った際にはお客様に弊社損害をご請求する場合があります。
  3. 悪意ある不正アクセスに関しましては、通常ご利用頂いているお客様の利益を確保する為、 所轄警察署に速やかに届出を行います。又、紛争解決においては東京地方裁判所を所轄裁判所と定め、 日本国法律による紛争解決を適正な司法の元に行います。

2012年4月1日
株式会社アベジュエリー
代表取締役 阿部 浩道